background movie
HOME アクセス数 プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在、名古屋市で暮らす。
家庭教師は週末に副業として続けている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプを嫌う。
趣味はブログ執筆、読書、音楽鑑賞、六弦ベース演奏、バイク・ツーリング等々。
ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の非道いデフレを憂いつつも名古屋市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実はプロテスタント教会の牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。
読者からのコメントが大好物。

最新記事 最新コメント カテゴリ 現在の閲覧者数 月別アーカイブ 最新トラックバック

ヨシ樹の雑記帖

日々の出来事を中心に自分の思いを簡潔かつ正直に綴ります。兄弟ブログ“「論」ブログヨシ樹”もよろしく!

死をガン見せよ!

わたしは問いたい。あなたは聖書を一度でもいいからお読みになったことはありますか、と。聖書は不滅の大古典であります。なんなら洋の東西を問わず、とか誰もが認める、とかいう表現を前に冠してもいい。

しかしながら、インテリを自負している有識者のなかにすら聖書をまともに読んでいない方々は多くいます。とりわけ日本には、という少々意地悪な但し書きを付け加えたいくらいです。これは日本のインテリの知的な怠慢であると思います。知的にちっとも誠実な態度とは言えない。

たしかに聖書は決して簡単に読める書物ではありません。そうなんです。浅薄な書物ではないのです。そしてボリュームがある書物なのであります。あの分厚い旧約聖書を一瞥(いちべつ)しただけで読む気が失せるかもしれません。誰であれ、あの分厚さを見るだけで容易に気づくはずです。ふつうの本ではないことに。けれども、そういうことも読んでみなければ心から合点することはできません。われわれ日本人は識者も含めて、もう少し聖書を深く学ぶ必要があるのではないか。旧約聖書も新約聖書も。

どうせ、われわれ凡人は一度、読んでもよくわかりません。けれども、わからなければ、あの太宰治のように十回でも百回でもそれなりの歳月をかけて納得のいくまで繰り返し読めばいい。読書百遍というではありませんか。

だけれども聖書を読む人は少ないです。もう少し正確に申しますと、聖書を真剣に読む人がほとんどいない。なぜでしょう。思うに、わたしたちは生きることについては一生懸命に考えますが死については一向に一生懸命に考えようとしない。これが、ほとんどの人が聖書を読まない理由であります。左様に述べたことが今回の記事でお話ししたい内容の眼目であります。

もちろん、そうは言うものの生きることを軽視していいはずはありません。一生懸命に生きることは責められるべきことではない。むしろ真摯に生きている人は認められて然るべきだと思う。しかしながら、それもおのずから限度というものがあります。わたしは左様に申すことにためらいを感じません。われわれは死についてあまりにも考えることをしません。死ぬることは生きることと同じかそれ以上に重要なことではないでしょうか。

皆、死について考えることを先延ばしにしています。否、わたしに言わせれば吾人は死について考えることを放棄しているかに見えます。大部分の方が生きることばかりに目が向かってしまっている。そうではありませんか。これをいわゆる思考停止と表現しても決して辛口な評価とは言えませんでしょう。

そういう次第で聖書に関心を持たない。興味も向けない。一顧だにしません。それでいて流行(はやり)の本をおおいに尊重して読んだ後に人生について何か悟ったと思い込んでいるのが現代の人です。だから最近の人は、たいてい非常に浅薄で幼稚な人生観しか持っていません。

なぜ吾人は聖書を読まないのでしょうか。聖書をキリスト教の教典と考えて自分には関係がないと思ってしまうのです。ゆえに無視するのであります。それが宗教に対する自分の偏見だということに気づけない。皆、してやられています。死について考えることをしないで死と対峙したとき一体どうするつもりですか。

日本の風土では死を直視せずに、むしろ死を忌み嫌う風潮があります。われわれ日本人は死から目をそらして生きている、というのが現状ではありますまいか。死から目をそらさず、むしろ凝視してください。そうです、タイトルどおり吾人は死を「ガン見」するべきなのであります。

読者諸賢よ、死の準備はできていますか。吾人のうち誰か明日、交通事故に遭わないとも限らない。そうでしょう。誰も否定はできないはずです。余命宣告でもされていない限り、いつ死ぬか誰も正確には知らないのです。

生と死は地続きです。これは、あの有名なマンガ、『カイジ』の作者である福本伸行の某作品に記されていたモノローグです。子供が読むマンガにさえそう書いてあるのです。

人生という旅の最終目的地は何処ですか。この質問の答えをご自分で、よく考えられるといいと思います。考える価値がある人生のおおきな疑問だとわたしは思いますね。なんなら有史以来という言葉を付け加えてもいい。いにしえの賢人、たとえばソクラテスや孔子もあんなに考えあぐねている人生の根本問題であります。

そういう人たちが書き残したものがあります。それが古典です。大昔に起こったことは現代も変わらずに起こっています。日の下に新しいことは何ひとつない、という言い方もできるのです。そういうことに気付いている人が古典を読むのです。古典を読む価値はそこにあるのです。読者諸賢よ、古典を読みましょう。そして、どうせ古典を読むなら不滅の大古典である聖書を読みましょう。読んで得るところ大ですよ。

ここまで記してきたにもかかわらず以上の記事の内容を宗教的だから考えることをしない、というあなた。聖書を読んで死について考えることをしない、というあなた。では実際に死に直面したとき何があなたを助けてくれるのですか。金か、知識か、家族か、イデオロギーか、友人か、仕事か、道徳か。もう、あなたは答えられないではないですか。

反「アンチエイジング」宣言

いつの頃からか、わたしも髪に白いものが混じるようになりました。年を取りました。そのうちに周囲の友人知人からいつまでもお若いですね、なんて言葉をかけられないとも限らない。もう、そういう年齢になりました。人生の折り返し地点を過ぎて久しいです。

最近、巷間には、いわゆる“アンチエイジング”という思想的潮流があります。「いつまでも若々しいですね」という言葉は今や褒め言葉になっています。けれども翻って考えると、こんなに馬鹿馬鹿しいことはない。それでは齢をとった甲斐がないではありませんか。

年齢にふさわしい信仰、思想、哲学等が、そのひとの内になければ何のために齢を重ねたのか、ということになるのではありますまいか。今までどういう生き方をしてきたのか、という後悔をすることにもなりかねない。

吾人は中年なら中年らしい、青年には持つことができないような立派な人生観を持ったうえで一日一日を過ごすべきであります。思うに、なんでもそうですが日々是精進であります。そういう真剣な気持ちで生きてゆきたい、とわたしは常々考えています。ところが、キリスト者も含めて現代に生きる人々の軽薄さ、偽りの陽気さ、明るさ、その騒々しさは一体どうしたことでしょう。「汝等しずまりて我の神たるをしれ」(聖書)!

人生の先輩を狙った俺おれ詐欺という犯罪がありますが世の人々は皆、生き方において、いわゆる「俺おれ主義」なのではないでしょうか。これは老若男女を問いません。昨今では権利意識が高まり、自分の権利ばかり声高に主張している輩が確実に増えてきていますね。

例えば、横断歩道を渡るときにクルマが待っているのに一瞥もせずに、ゆうゆうと歩いて横断している歩行者をよく見かけます。美しくないですね。小走りに横断している子供たちの方に覚えず好感を抱くのはひとりわたしだけではないのではありますまいか。わたしは、そういう人たちの生き方を「俺おれ主義」と名付けています。

わたしもいい齢になりました。アンチエイジングではなく、年齢にふさわしく自分の言動をシフトしてゆくことが肝要なのだと思います。自分自身のこれからの生き方が「俺おれ主義」的な世の人々とは対照的で世俗の人々の生き方に対する強烈なアンチテーゼになっているといいなあ、と考えているところです。

自分の生き方をとおして周りの人々に警鐘を鳴らし続けてゆきければ嬉しいですね。自分の年齢にふさわしい、そんな年の重ね方こそ素敵だと思いませんか。そういうしだいで、わたしは云うなればアンチ“アンチエイジング”派です。

私の指導理理念

新年あけましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりました。本年も当ブログの記事のご愛読を何卒よろしくお願いいたします。

なお、本年は暫定的に現代仮名遣いを用いて執筆することにしました。当分、歴史的仮名遣いで記すことはお休みにいたします。ご理解いただけると幸いです。

昨年はブログの記事更新が、なかなかできませんでした。記事をあたらしく書き下ろす、というのは、なかなか困難で難儀なことです。けれども、言い訳はやめましょう。現在、週に一回、家庭教師の授業に行っています。教えている生徒さんは中学二年生の女の子です。

どうしたらよい授業ができるだろうか、と最近、本業とは別に副業について考えることが多くなってきました。読者諸賢にとっては、つまらない話になるかも知れませんが家庭教師の際の指導理念という以下の記事にしばらくの間お付き合いいただければと思います。

わたしが勉強を教えるときの指導理念を簡単に要約すると生徒さんに「勉強の愉しさを経験してもらう」ということに尽きます。勉強が愉しいと思えるようになれば成績は早晩、必ず向上します。

そのために、わたしは毎回の授業をまず教師である自分が愉しむように心がけています。思うに先生が愉しんで授業を行えば、それは必ず生徒たちに伝わります。

さはさりながら勉強は愉しいことばかりではない、とも急いで言い足さなければなりません。勉強もスポーツと同じで、ある意味、厳しい世界です。上達するためには何回も何回も繰り返し練習する必要があります。

両者とも自分の技量が上がれば上がるほど愉しくなる点で共通していますが、技量が上がるようになるまでは、やはり苦しい訓練の道を避けてとおることはできないのです。例外はありません。いにしえの賢者の言葉に「学問に王道はない」という言葉がありますが現代でもこの格言はやはり真理を表しています。

栄冠をつかむためには徹底した練習をしなければなりません。マラソンを例にとりましょう。マラソンランナーは自分をとことん追い込むと走っている最中にランナーズハイと呼ばれる何とも言えない恍惚感(こうこつかん)にとらわれるといいます。勉強もそこまで徹底して練習してほしい、とわたしは考えています。

勉強の愉しさが実感できたらしめたものです。成績向上の山の頂上近くまで登ってきていると思っても間違いはないでしょう。勉強が愉しいと思えれば教師が宿題を出すまでもなく自分でどんどん勉強するようにもなるでしょうね。そうなれば必然的に成績は上向きます。

江戸時代の儒者である伊藤仁斎という人を知っていますか。彼の講義は生徒たちが御馳走を食べて酒を飲みながら聴いたといいます。今日みたいにしかつめらしい学校とは違うのです。現代のような娯楽のない当時、彼の学問はとても愉しく有意義だということが生徒たちにはっきり伝わっていたのです。

したがって、仁斎の生徒はあらゆる階級にわたっていました。農民、町人、武士、公家さえもいたそうです。わたしの目標とする家庭教師は仁斎です。彼のように生徒さんに勉強の愉しさを伝えられるような教師でありたいと考えています。

勉強は、愉しいです。けれども、たしかに苦しくつらい場合もあります。愉しい愉しいだけの子供の遊びとは違うのです。障碍(しょうがい)があるからこそ、それを克服した時の気分は格別なのです。吾人は楽で愉しいだけの世界には耐えられないのです。人間の精神はそういうふうにできているのですね。

われわれ教師は生徒さんに思い違いをさせてはいけません。学校では魅力ある学問の目次を習っているにすぎないのです。思うに、すべて学生は学問の入り口にいるだけなのです。ゆめゆめ慢心することなく目次の先に展開するはずである本物の学問を究めるための準備を学生時代に是非してほしい。わたしはそう願って、いつも家庭教師の授業に臨んでいます

本当の学問

人生いかに生きるべきか。人生とはなんぞや。思ふに、さういふ疑問を胸中に抱きながらも日々の忙しさにかまけて思考停止状態に陥つてゐるのが現代を生きるほとんどの人の姿ではないでせうか。それなのに人生をよく考へてゐる信仰者こそ思考停止の徒と決めつけて軽蔑すらしてゐるのも巷間の人々です。

けれども、果たして神を信じてゐる人物が思考停止に陥つてゐるかどうか本当に正しく公平に検証してゐ人はゐるのか、と言つたら、ごくごく僅かだと思ひます。思ふに宗教を持つてゐる人を色眼鏡をとほして見るのが現代人の習わしになつてゐるからであります。

しかしながら、実は世間に生きる多くの無神論者こそ人生や死後の世界について真摯に真剣に考へることを放棄した思考停止状態のに陥つてゐる憐れむべき人たちではないでせうか。さうではありませんか?

昔の人々は「学問」のことを「道」と呼んでゐたさうです。人生いかに生きるべきか、人生とはなんぞや、といふことが「道」の研究対象でした。それゆゑに「道」を教へる先生は生徒からの「どのように生きればいいでせうか」といふ質問に明確に答へられねばなりませんでした。

翻つて平成の世に生きる吾人のする「学問」とはなんでせうか。人生を生きてゆくためにそれほど必要とは思はれないやうなことが学問研究の対象ではありますまいか。

したがつて、現代に生きる先生に人生のことを訊ねても一笑に付され「そんなことよりも次のテストの点数をもつと上げろ」と言はれかねない。今の先生は人生の真理を教へてくれないのであります。

実際に、いはゆる学校の「先生」からさう言はれた人がいるさうです。その人は女学生の時に「人生」の意味について先生に訊ねたのですが、はぐらかされて答へをもらへずに絶望して鉄道自殺を試みました。手足を切断されてしまつたのですが命は助かりました。紆余曲折を経てイエス・キリストと出会ひ、キリスト者として天国に凱旋されました。

本当の学問とは学問をすることによつて、その人が携わつてゐる仕事が上手くいく、といふ性質のものです。その人と関はる人たちと良好な人間関係を築けるといふ性質のものです。それはつまり、人生にをける自分の使命に気づける、といふことにほかなりません。現代の学問は学問をしたから出世するといふものに堕落してゐますね。要するに、いはゆる「成功」とわかち難く結びついてゐます。

現代人は成功と幸福を同義に見ます。さうなると必然的に、出世して、どれだけお金を稼げるか、といふ問題になります。わたしが思ふに幸福は成功といふ「量的」なものではありません。成功とはなんの関係もない「質的」なものです。

「学問」を「道」と呼んでゐた大昔、皆、向学心に燃えてゐました。よりよく生きたい、と強く願つたのです。それゆゑに「人生とはなんぞや」といふ疑問が、いつたん生じると、その探求心は非常に熱烈なものとなり、生涯消えなかつたのであります。誰もなんにも教へてくれませんからね。

思ふに勉強はわれわれの本能であります。権利であります。本能でなくなつたのは現代くらゐのものではないですかね。黙つてゐても教へてもらへますからね。ご承知のとほり、今の日本には「義務教育」などといふ制度があります。いやはや、いにしへ人とは大変な違ひであります。

お知らせです!

こんばんは。暑い昨今、水風呂ばかり入つてゐるヨシ樹です。
読者の皆さまにをかれましては、お盆休みをいかが過ごされてゐるでせうか。

先程、本ブログの兄ブログである“「論」ブログヨシ樹”の記事を更新いたしました、
是非お読みください。記事の文字数が、それなりに多かつたので前編、後編にわけて記しました。

お盆休みのお読み物として是非ご活用ください。
スマホやタブレットでも読むことができるはずです。

さういふわたしはケータイはまだガラケーを使つてゐますけれど…。
しかし、そのガラケーも約四年半使つて高い、もとい他界しました。

新しいガラケーと交換といふことになりました。
わたしとしては修理して、もつともつと使ひたかつたのですが無理でした。

現在、交換してくれるといふガラケーの到着を待つてゐるところです。修理ができず交換するならガラケーではなくスマホにシフトする絶好の機会ではないのか、さう思はれる方もいるかも知れませんね。けれども、スマホは維持費が高いので所有したくないのであります。なくて困ることも今のところないですし…。

現在ブログのネタとして「玄米食」と「ケータイ端末」についての構想を温めてゐます。「名古屋二周年」の後編も書きたいですね。以上三つのネタをランダムにゆつくりとアップしてゆくつもりであります。乞ふご期待!

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。