background movie
HOME アクセス数 プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在、名古屋市で暮らす。
家庭教師は週末に副業として続けている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプを嫌う。
趣味はブログ執筆、読書、音楽鑑賞、六弦ベース演奏、バイク・ツーリング等々。
ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の非道いデフレを憂いつつも名古屋市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実はプロテスタント教会の牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。
読者からのコメントが大好物。

最新記事 最新コメント カテゴリ 現在の閲覧者数 月別アーカイブ 最新トラックバック

ヨシ樹の雑記帖

日々の出来事を中心に自分の思いを簡潔かつ正直に綴ります。兄弟ブログ“「論」ブログヨシ樹”もよろしく!
その他 カテゴリーの記事

反「アンチエイジング」宣言

いつの頃からか、わたしも髪に白いものが混じるようになりました。年を取りました。そのうちに周囲の友人知人からいつまでもお若いですね、なんて言葉をかけられないとも限らない。もう、そういう年齢になりました。人生の折り返し地点を過ぎて久しいです。

最近、巷間には、いわゆる“アンチエイジング”という思想的潮流があります。「いつまでも若々しいですね」という言葉は今や褒め言葉になっています。けれども翻って考えると、こんなに馬鹿馬鹿しいことはない。それでは齢をとった甲斐がないではありませんか。

年齢にふさわしい信仰、思想、哲学等が、そのひとの内になければ何のために齢を重ねたのか、ということになるのではありますまいか。今までどういう生き方をしてきたのか、という後悔をすることにもなりかねない。

吾人は中年なら中年らしい、青年には持つことができないような立派な人生観を持ったうえで一日一日を過ごすべきであります。思うに、なんでもそうですが日々是精進であります。そういう真剣な気持ちで生きてゆきたい、とわたしは常々考えています。ところが、キリスト者も含めて現代に生きる人々の軽薄さ、偽りの陽気さ、明るさ、その騒々しさは一体どうしたことでしょう。「汝等しずまりて我の神たるをしれ」(聖書)!

人生の先輩を狙った俺おれ詐欺という犯罪がありますが世の人々は皆、生き方において、いわゆる「俺おれ主義」なのではないでしょうか。これは老若男女を問いません。昨今では権利意識が高まり、自分の権利ばかり声高に主張している輩が確実に増えてきていますね。

例えば、横断歩道を渡るときにクルマが待っているのに一瞥もせずに、ゆうゆうと歩いて横断している歩行者をよく見かけます。美しくないですね。小走りに横断している子供たちの方に覚えず好感を抱くのはひとりわたしだけではないのではありますまいか。わたしは、そういう人たちの生き方を「俺おれ主義」と名付けています。

わたしもいい齢になりました。アンチエイジングではなく、年齢にふさわしく自分の言動をシフトしてゆくことが肝要なのだと思います。自分自身のこれからの生き方が「俺おれ主義」的な世の人々とは対照的で世俗の人々の生き方に対する強烈なアンチテーゼになっているといいなあ、と考えているところです。

自分の生き方をとおして周りの人々に警鐘を鳴らし続けてゆきければ嬉しいですね。自分の年齢にふさわしい、そんな年の重ね方こそ素敵だと思いませんか。そういうしだいで、わたしは云うなればアンチ“アンチエイジング”派です。

私の指導理理念

新年あけましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりました。本年も当ブログの記事のご愛読を何卒よろしくお願いいたします。

なお、本年は暫定的に現代仮名遣いを用いて執筆することにしました。当分、歴史的仮名遣いで記すことはお休みにいたします。ご理解いただけると幸いです。

昨年はブログの記事更新が、なかなかできませんでした。記事をあたらしく書き下ろす、というのは、なかなか困難で難儀なことです。けれども、言い訳はやめましょう。現在、週に一回、家庭教師の授業に行っています。教えている生徒さんは中学二年生の女の子です。

どうしたらよい授業ができるだろうか、と最近、本業とは別に副業について考えることが多くなってきました。読者諸賢にとっては、つまらない話になるかも知れませんが家庭教師の際の指導理念という以下の記事にしばらくの間お付き合いいただければと思います。

わたしが勉強を教えるときの指導理念を簡単に要約すると生徒さんに「勉強の愉しさを経験してもらう」ということに尽きます。勉強が愉しいと思えるようになれば成績は早晩、必ず向上します。

そのために、わたしは毎回の授業をまず教師である自分が愉しむように心がけています。思うに先生が愉しんで授業を行えば、それは必ず生徒たちに伝わります。

さはさりながら勉強は愉しいことばかりではない、とも急いで言い足さなければなりません。勉強もスポーツと同じで、ある意味、厳しい世界です。上達するためには何回も何回も繰り返し練習する必要があります。

両者とも自分の技量が上がれば上がるほど愉しくなる点で共通していますが、技量が上がるようになるまでは、やはり苦しい訓練の道を避けてとおることはできないのです。例外はありません。いにしえの賢者の言葉に「学問に王道はない」という言葉がありますが現代でもこの格言はやはり真理を表しています。

栄冠をつかむためには徹底した練習をしなければなりません。マラソンを例にとりましょう。マラソンランナーは自分をとことん追い込むと走っている最中にランナーズハイと呼ばれる何とも言えない恍惚感(こうこつかん)にとらわれるといいます。勉強もそこまで徹底して練習してほしい、とわたしは考えています。

勉強の愉しさが実感できたらしめたものです。成績向上の山の頂上近くまで登ってきていると思っても間違いはないでしょう。勉強が愉しいと思えれば教師が宿題を出すまでもなく自分でどんどん勉強するようにもなるでしょうね。そうなれば必然的に成績は上向きます。

江戸時代の儒者である伊藤仁斎という人を知っていますか。彼の講義は生徒たちが御馳走を食べて酒を飲みながら聴いたといいます。今日みたいにしかつめらしい学校とは違うのです。現代のような娯楽のない当時、彼の学問はとても愉しく有意義だということが生徒たちにはっきり伝わっていたのです。

したがって、仁斎の生徒はあらゆる階級にわたっていました。農民、町人、武士、公家さえもいたそうです。わたしの目標とする家庭教師は仁斎です。彼のように生徒さんに勉強の愉しさを伝えられるような教師でありたいと考えています。

勉強は、愉しいです。けれども、たしかに苦しくつらい場合もあります。愉しい愉しいだけの子供の遊びとは違うのです。障碍(しょうがい)があるからこそ、それを克服した時の気分は格別なのです。吾人は楽で愉しいだけの世界には耐えられないのです。人間の精神はそういうふうにできているのですね。

われわれ教師は生徒さんに思い違いをさせてはいけません。学校では魅力ある学問の目次を習っているにすぎないのです。思うに、すべて学生は学問の入り口にいるだけなのです。ゆめゆめ慢心することなく目次の先に展開するはずである本物の学問を究めるための準備を学生時代に是非してほしい。わたしはそう願って、いつも家庭教師の授業に臨んでいます

電子書籍を読む

結構前にキンドルの電子書籍リーダーを入手しました。電子書籍リーダーとは電子書籍を読むための専用端末です。ヤフオクで安く入手できました。送料込みで金4600円也です。ただし買つたはいいけれど、しばらくは使はず仕舞ひでした。何となれば電子書籍をダウンロードして読むためには、WiFi環境がととのつてゐる必要があつたためです。

わたしの住まいには、あいにく、WiFiはなく、どういふものか想像することもできませんでした。けれども電子書籍リーダーを利用するためには、WiFi環境が必要であることはリーダーを購入する以前からよく承知してゐました。思ふに、WiFiは電子書籍とは切つても切れない関係であるから避けてとほることはできません。

リーダー購入当初は、そもそもWiFiといふものが何か理解できませんでした。色々調べてみると要するに無線LANルーターを手に入れればいいだけの話だつたのです。聞いてみると何だそんなことか、と拍子抜けされるかも知れませんが、わたしは、このことを十分に理解するのに少なくない時間がかかりました。一月近くかかつたと思ひます。

さういふ次第で、ヤフオクで専用端末を落札して、しばらくは、電子書籍リーダーをそのまま放つておいたのです。これまで述べてきたことが、やうやく理解できたときに無線LANルーターをアマゾンで購入しました。約3000円です。ルーターが手許に届いてから設定をしましたが簡単にできました。設定はとても簡単で思ふに誰にでもできます。

無線LANルーターを入手して届いたら設定をする。これで電子書籍をダウンロードすることが可能になります。原則として電子書籍をダウンロードするにはお金が要ります。しかしながら、無償でダウンロードできる電子書籍も多くはありませんが、ないではないです。

電子書籍は、あくまで例外として無料でダウンロードできると思つておけばいいです。決済はクレジットカードで行ひます。もし、クレジットカードが何らかの事情で使へなければ有料の電子書籍をダウンロードすることは、まづ無理になります。それは、とりもなほさず電子書籍を読むことができなくなることと等しいのであります。くはばら、くはばら。

わたしが最初に読んだ電子書籍は31歳で胃ガンに罹患したニュースキャスターである黒木奈々さんが著した『未来のことは未来の私にまかせよう』(文藝春秋社刊)でした。同書は読む価値がある本だ、と考へます。

ハタボーさんが、そのコメントで、わたしが推薦する本を知りたい旨を述べてをられましたが、わたしは前出の黒木奈々さんの闘病記をご一読されることを、お勧めいたします。黒木奈々さんの本はキンドルストアだけではなく普通の紙の本でも売られてゐます。それゆゑ読むためには、わざわざブックストアのサイトからダウンロードする必要はありません。

黒木さんの件の本を読むと健康であるとは何回繰り返して神に感謝しても感謝しすぎる、といふことはないことに気づかされます。これは、わたしが同書を読んで感じたことですが黒木さんご自身も本のなかで述べられてゐることです。これ以上、黒木さんの本についての感想を述べるのはネタばらし、といふ野暮なことにもなりかねませんので後は、ハタボーさんや読者諸賢が直に同書を読んでみたらいいと考へます。

秋の読書記録

長らく記事の更新を怠つてゐましたことをお詫びいたします。今回は最近わたしが読んだ本を以下に列挙して簡単な感想を記したい、と思ひます。

・D・M・ロイドジョンズ著 『山上の説教』上下巻 井戸垣彰訳 聖書図書刊行会刊

・山崎寿人著 『年収100万円の豊かな節約生活術』 文春文庫

・堀江貴文著 『ゼロ』 ダイヤモンド社刊

・D・M・ロイドジョンズ著 『神はなぜ戦争をお許しになるのか』 渡部謙一訳 いのちのことば社刊

・野口悠紀雄著 『「超」旅行法』 新潮文庫

上に列挙した本の配列は読書の時間順に従つてゐます。『山上の説教』の上巻を読み始めたのは本年9月7日からです。一番下に記した野口悠紀雄の『「超」旅行法』を読み了へたのが10月30日でしたので約二箇月間に六冊読んだことになります。

D・M・ロイドジョンズの本は、おしなべて良書ですが『山上の説教』も良書であることに相違なく上下巻とも素晴らしい本でした。同書は上巻が493頁、下巻が519頁といふヴォリュームがあり、上下巻併せて1000頁を超えます。内容が深くて、すこぶる読み応へのある本でした。思ふに全てのキリスト者、必読の信仰書であります。

山崎寿人の本は、かういふ生き方もあるのか、と新鮮な気づきを与へてくれたユニークな本でした。わたしも収入が少ない、といふ点では著者と同じです。けれども著者は貧乏をことさらに悲観し、嘆くことなく、むしろ貧乏生活を心の底から愉しんでゐる由。面白い本でした。ちなみに著者の学歴は東大卒であります。

堀江貴文の『ゼロ』にはサブタイトルが付いてゐて「何もない自分に小さなイチを足していく」がそれです。いはゆるホリエモンの半生が率直に綴られてゐます。彼の仕事に対する謙虚で真摯な姿勢に読み手は心を打たれます。思ふに同書の内容をギリギリまで要約してひとつのセンテンスにしたものがサブタイトルであります。仕事に対するモチベーションが高まること、請け合ひです。読んで損はしない本です。

D・M・ロイドジョンズの『神はなぜ戦争をお許しになるのか』は非常に洞察の深い本です。神がをられるなら、なぜ戦争をはじめとした悲惨がこの世にあるのか、といふ一見、素朴なやうでゐて開闢(かいびやく)以来、人類を悩ませ続けてきた大問題に逃げることなく真向から対峙して納得のゆく回答をしてゐる稀有な信仰書であります。

野口悠紀雄の『「超」旅行法』はひとりで海外旅行をする際に注意した方がいいことが微に入り細を穿ち記されてゐる興味深い本です。具体的なアドヴァイスが自分の経験を踏まへて書かれてゐるので説得力があり覚へず海外に行きたくなります。わたしは良書は読者をその気にさせる本でなくてはならない、と思ひます。旅の本なら旅に行きたくなるやうな本、料理の本なら自分で食事を作つてみたくなるやうな本が本当に良い本だと思ひます。

以上わたしが読書の秋に読んだ本とその感想を記しました。これからも閑を見つけて精力的に読書してゆくつもりです。なるべくブログの記事も更新してゆくつもりです。これでやうやく画面上を覆つてゐた鬱陶しい広告を追ひ払ふことができました。前からとても気になつてゐたのです。

さて、これからどんどん寒くなつてゆきます。読者諸賢にをかれましては、お風邪などお召しにならぬやうに十分お気をつけください。くれぐれもご自愛ください。読者諸賢からのコメントをお待ちしてゐます。コメント大歓迎です。それでは今回はこの辺で失礼いたします。

書評 『人生を導く5つの目的』

アメリカはカリフォルニア州にあるサドルバック教会の牧師であるリック・ウォレンの著した『人生を導く5つの目的』(PDJ刊)は良書であります。副題は「自分らしく生きるための40章」です。尾山清仁が巧みに訳してゐます。PDJとはパーパス・ドリブン・ジャパンの略称です。定価は税込みで2625円です。同書の奥付を見ますと2009年12月1日第5刷発行と記されてゐます。同書の発行当時はまだ消費税が5パーセントのときだつたのであります。

過日わたしは、たまたま寄つたブックオフで、この本を960円で購入することができました。新品同様の同書を定価の半額以下で買へたのは嬉しいかぎりです。帯付きで補充注文カードと愛読者カードもはさまれてゐました。これは前の所有者がこの本をほとんど読んでゐないといふ証左であります。帯には「全米3000万部突破!!」と記載されてゐて「NYタイムズNo.1ベストセラー」との文字が目を惹きました。さらに帯の表には『全米で最もメディアの注目を集める牧師が語る「神の意図された自分」を見出すための40章』と書かれてゐます。

わたしは同書をまだ読了したわけではありません。40章あるうちの30章を読み了へたにすぎません。けれども、同書を読み進めるにつれて、とても良い本に出合へたといふ思ひは強くなる一方であります。現在、一日一章づつ読んでゐます。同書は一気呵成(いつきかせい)に読む本ではありません。早く次が読みたいといふ衝動に駆られて、それを抑へながら読んでゐるところです。かういふ本を読める仕合せは、さう滅多にはありません。

同書は一日一章づつ読むことを前提に執筆されてゐます。著者は、まとめて読むのではなく一章のうちに書かれてゐる内容についてよく考へてほしいと読者に訴へてゐます。わたしは、その言葉を忠実に守つて読んでゐます。一度にたくさん読むべきでない本が他ならぬ『人生を導く5つの目的』なのであります。

ちなみに、わたしは本を新品で買ふことはまづありません。中古本を実際に店舗まで足を運んで買ふか、ウェブ上のアマゾンで注文するか、さもなくばネット・オークションのヤフオクで落札するか、の三者択一になります。新品の本を書店で購入することは、わたしにとつては相当にイレギュラーなことになります。本を借りて読むといふこともほとんどありません。興味のある本は身銭を切つて手に入れるといふのが習慣になつてゐます。

わたしは、この本の内容にたいへん感心しましたし感動しました。最後に同書の帯の裏に書いてある同書の紹介文をここに記して、この短い書評を締めくくります。以下のとほりであります。なほ、引用文の仮名づかひは現代かなづかひのまま引きます。

《あなたは偶然に存在しているのではありません。全宇宙が創造されるはるか昔から、神はあなたのことを心に留めておられました。神はあなたをご自分の目的のために造られたのです。その目的は、あなたがこの地上で過ごす数十年に限られたものではありません。あなたは実に、永遠に生きる存在として造られたのです。》


プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。