反「アンチエイジング」宣言

いつの頃からか、わたしも髪に白いものが混じるようになりました。年を取りました。そのうちに周囲の友人知人からいつまでもお若いですね、なんて言葉をかけられないとも限らない。もう、そういう年齢になりました。人生の折り返し地点を過ぎて久しいです。

最近、巷間には、いわゆる“アンチエイジング”という思想的潮流があります。「いつまでも若々しいですね」という言葉は今や褒め言葉になっています。けれども翻って考えると、こんなに馬鹿馬鹿しいことはない。それでは齢をとった甲斐がないではありませんか。

年齢にふさわしい信仰、思想、哲学等が、そのひとの内になければ何のために齢を重ねたのか、ということになるのではありますまいか。今までどういう生き方をしてきたのか、という後悔をすることにもなりかねない。

吾人は中年なら中年らしい、青年には持つことができないような立派な人生観を持ったうえで一日一日を過ごすべきであります。思うに、なんでもそうですが日々是精進であります。そういう真剣な気持ちで生きてゆきたい、とわたしは常々考えています。ところが、キリスト者も含めて現代に生きる人々の軽薄さ、偽りの陽気さ、明るさ、その騒々しさは一体どうしたことでしょう。「汝等しずまりて我の神たるをしれ」(聖書)!

人生の先輩を狙った俺おれ詐欺という犯罪がありますが世の人々は皆、生き方において、いわゆる「俺おれ主義」なのではないでしょうか。これは老若男女を問いません。昨今では権利意識が高まり、自分の権利ばかり声高に主張している輩が確実に増えてきていますね。

例えば、横断歩道を渡るときにクルマが待っているのに一瞥もせずに、ゆうゆうと歩いて横断している歩行者をよく見かけます。美しくないですね。小走りに横断している子供たちの方に覚えず好感を抱くのはひとりわたしだけではないのではありますまいか。わたしは、そういう人たちの生き方を「俺おれ主義」と名付けています。

わたしもいい齢になりました。アンチエイジングではなく、年齢にふさわしく自分の言動をシフトしてゆくことが肝要なのだと思います。自分自身のこれからの生き方が「俺おれ主義」的な世の人々とは対照的で世俗の人々の生き方に対する強烈なアンチテーゼになっているといいなあ、と考えているところです。

自分の生き方をとおして周りの人々に警鐘を鳴らし続けてゆきければ嬉しいですね。自分の年齢にふさわしい、そんな年の重ね方こそ素敵だと思いませんか。そういうしだいで、わたしは云うなればアンチ“アンチエイジング”派です。

スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR