スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の読書記録

長らく記事の更新を怠つてゐましたことをお詫びいたします。今回は最近わたしが読んだ本を以下に列挙して簡単な感想を記したい、と思ひます。

・D・M・ロイドジョンズ著 『山上の説教』上下巻 井戸垣彰訳 聖書図書刊行会刊

・山崎寿人著 『年収100万円の豊かな節約生活術』 文春文庫

・堀江貴文著 『ゼロ』 ダイヤモンド社刊

・D・M・ロイドジョンズ著 『神はなぜ戦争をお許しになるのか』 渡部謙一訳 いのちのことば社刊

・野口悠紀雄著 『「超」旅行法』 新潮文庫

上に列挙した本の配列は読書の時間順に従つてゐます。『山上の説教』の上巻を読み始めたのは本年9月7日からです。一番下に記した野口悠紀雄の『「超」旅行法』を読み了へたのが10月30日でしたので約二箇月間に六冊読んだことになります。

D・M・ロイドジョンズの本は、おしなべて良書ですが『山上の説教』も良書であることに相違なく上下巻とも素晴らしい本でした。同書は上巻が493頁、下巻が519頁といふヴォリュームがあり、上下巻併せて1000頁を超えます。内容が深くて、すこぶる読み応へのある本でした。思ふに全てのキリスト者、必読の信仰書であります。

山崎寿人の本は、かういふ生き方もあるのか、と新鮮な気づきを与へてくれたユニークな本でした。わたしも収入が少ない、といふ点では著者と同じです。けれども著者は貧乏をことさらに悲観し、嘆くことなく、むしろ貧乏生活を心の底から愉しんでゐる由。面白い本でした。ちなみに著者の学歴は東大卒であります。

堀江貴文の『ゼロ』にはサブタイトルが付いてゐて「何もない自分に小さなイチを足していく」がそれです。いはゆるホリエモンの半生が率直に綴られてゐます。彼の仕事に対する謙虚で真摯な姿勢に読み手は心を打たれます。思ふに同書の内容をギリギリまで要約してひとつのセンテンスにしたものがサブタイトルであります。仕事に対するモチベーションが高まること、請け合ひです。読んで損はしない本です。

D・M・ロイドジョンズの『神はなぜ戦争をお許しになるのか』は非常に洞察の深い本です。神がをられるなら、なぜ戦争をはじめとした悲惨がこの世にあるのか、といふ一見、素朴なやうでゐて開闢(かいびやく)以来、人類を悩ませ続けてきた大問題に逃げることなく真向から対峙して納得のゆく回答をしてゐる稀有な信仰書であります。

野口悠紀雄の『「超」旅行法』はひとりで海外旅行をする際に注意した方がいいことが微に入り細を穿ち記されてゐる興味深い本です。具体的なアドヴァイスが自分の経験を踏まへて書かれてゐるので説得力があり覚へず海外に行きたくなります。わたしは良書は読者をその気にさせる本でなくてはならない、と思ひます。旅の本なら旅に行きたくなるやうな本、料理の本なら自分で食事を作つてみたくなるやうな本が本当に良い本だと思ひます。

以上わたしが読書の秋に読んだ本とその感想を記しました。これからも閑を見つけて精力的に読書してゆくつもりです。なるべくブログの記事も更新してゆくつもりです。これでやうやく画面上を覆つてゐた鬱陶しい広告を追ひ払ふことができました。前からとても気になつてゐたのです。

さて、これからどんどん寒くなつてゆきます。読者諸賢にをかれましては、お風邪などお召しにならぬやうに十分お気をつけください。くれぐれもご自愛ください。読者諸賢からのコメントをお待ちしてゐます。コメント大歓迎です。それでは今回はこの辺で失礼いたします。
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。