祝引越一周年

昨年の二月末に住み慣れた故郷を離れて名古屋市に引つ越しました。わたしは現在、名古屋に居を構へて二度目の春を満喫してゐます。わたしの居は相変はらず賃貸マンションです。けれども故郷でも賃貸マンションに住んでゐたからこそ身軽に名古屋に行けたといふことが云へます。もし、住宅ローンなどを支払つてゐたら転居することはできなかつたはずです。

さて、名古屋のわたしの住まいですが駅前にありますので相当に便利です。いはゆる地の利があるのです。まづ、交通の便が非常によいことが挙げられます。駅前にあるので地下鉄にすぐに乗ることができます。ただ、さうはいひつつもわたしは現在、地下鉄はあまり利用してゐません。移動するときは専らバイクを利用してゐます。職場にも毎日バイクに乗つて通つてゐます。

地の利はほかにもあります。郵便局やコンビニエンスストアが近所にあります。住まいの周辺には飲食店も多くあります。スーパーマーケットやドラッグストアもあり、買ひ物にも便利であります。いはゆる買ひ物難民とは対極の位置にゐるのです。とても感謝なことだと思ひます。のみならずブックオフや病院、それに美容院すらあります。

かういふふうに書くといいことばかりあるかに思へるかもしれません。たしかに多くのプラス面がありますが、いい面ばかりでもありません。マイナス面もやはりあります。

マイナスな面を一言で要約すると「うるさい」といふ言葉になります。道を挟んでマンションの真向ひに病院があるのですが、その病院に昼夜を問はず救急車が到着するのです。さう、真向ひの病院は救急指定病院なのであります。救急車の大音量のサイレンが時間を構はずけたたましく鳴り響くのですからたまりません。あれは入院患者さんにとつても至極迷惑なはずですが。

救急車だけならまだ我慢できるのですが腹立たしいのは深夜未明にバイクが物凄ひ音をたてて道を通ることです。いはゆる暴走族のお兄ちやんがゐるのであります。改造マフラーで夜な夜なマンションが面してゐる幹線道路を疾駆するのです。これにはいまだに閉口してゐます。我がマンションは、その幹線道路に面してゐるからです。

さすがに一年近く住んでゐますと正負共々色々なことが判つてきます。けれども、まだ知らないことは多くあり、新鮮な気持ちで毎日を過ごしてゐます。たしかに騒音は厄介な問題点ですが思い切つて名古屋に居を移して正解だつたと思ひます。なぜ正解と云へるのか、読者諸賢は疑問に思はれるかもしれません。それは名古屋には多くの魅力があるからです。当ブログでは、しばらくは名古屋の様々な魅力についてご紹介したい、と考へてゐます。乞ふご期待!


スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR