君が自裁したら僕は悲しい

ヤフーのヘッドライン・ニュースによれば就職活動が上手く行かなくて、つひに自殺する若者が少なくないとのことです。さういふ気持ちはよく理解できます。おそらくは、無様に生きるより潔く死を選ぶといふその人なりの美学や哲学がさうさせてゐるのでせうね。

就職できないといふのは収入がないといふことにほかなりません。収入がなければ早晩、日毎の糧にも事欠くやうになります。これでは人並みの生活ができません。のみならず他人に依存することを余儀なくさせられます。これは深刻な憂ひであり悩みの種であります。

大学時代に通つてゐた教会の青年会で青春を共に過ごした女性が自殺したことを一昨年に知りました。彼女は結婚して家庭に入つてゐたらしいので自殺の原因は就職活動の失敗にあるのではないでせう。原因は分かりません。けれども、いづれにせよ彼女の訃報はショックでとても悲しかつた。涙すら出ませんでした。

中国から伝はつて来た言葉に「陸沈」といふ言葉がありますね。海に沈むのなら誰だつて沈めるが陸に沈むのは難しいぞ、といふ意味です。吾人はすべからくこの馬鹿な世の中と徹底的に付き合ふのです。十分、親しく付き合ふのです。社会からあるひは家庭から逃げないのであります。逃げずに社会に沈むのです。家庭に沈むのです。

馬鹿な識者は云ふ。死ぬ気になれば何でもできる、と。たしかに、そのとほりの正論です。けれども、その死ぬ気になるといふ覚悟が持てないで世に対して絶望するから人は自裁するのであります。一部の識者はさういふ人の気持ちが全く解らないのですね。

さうは云ふものの僕は自死を決して是認しません。生きてゐれば照る日もあれば曇る日もあります。皆、さういふ体験を経て来てゐるのです。死ぬことはいつでもできます。思ふやうに行かずに辛くなる気持ちは十分に理解できます。しかし、それにもかかはらず勇気を出して一日一日を生きて天寿を全うしようではありませんか。僕らは生きる権利と同時に生きる義務も有してゐるのであります。


スポンサーサイト

失はれてゐた宝

昨日、部屋の片づけをしてゐたら思はぬ物を発見しました。それは次のとほりです。すなはち、高校の卒業アルバム、評論家小林秀雄の講演カセットテープ、司法試験のカセットテープ教材、英国のミュージシャン、デビッド・ボウイのカセットテープであります。

以上に記したものはずつと捜してゐたのですが見付けることができずに諦めてゐたのです。しかし、昨日、見付けることができて、とても嬉しかつたですね。高校の卒業アルバムを除けば出て来た物は全部、カセットテープであります。

高校の卒業アルバムを失くすとは随分、迂闊なことと云はざるを得ませんね。もう失くしません。

小林秀雄の講演カセットテープとは「文学の雑感」といふ題名の講演のうちの一本です。A面B面併せて八十分のカセットテープです。僕はこのテープはもう出て来ないと思つて新しいテープを安くないお金を支払つて買つてしまひました。

司法試験のカセットテープ教材は今回、見付かるまで全六巻のところが五巻になつてをり何とか見つからぬものかと時折、思ひ出しては失くしたことを悔やんでゐました。けれども、昨日、見付けることができて嬉しさもひとしほでした。

世界的に著名なミュージシャンであるデビッド・ボウイのカセットテープは僕が中学生の頃、借りてきたレコードからダビングしたもので思ひ入れがある貴重なテープでした。今回、見付けることができて、今、この記事も見付けたデビッド・ボウイの音楽を聴きながらパソコンのキイを叩いて書いてゐます。

昨晩、友人に小林秀雄の前出のカセットテープを安く譲る旨のメールを送信したら、そもそもカセットテープデッキがないので折角だけど遠慮しておくよ、といふ返信メールが返つて来ました。カセットテープはもはや昭和の遺物なのでせうか。まさに隔世の感を覚えるのみであります。


アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR