スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つひに三百回達成!

当ブログの記事数は本記事で通算三百本に達しました。前回、予告したことが、けふ漸く実現することになりました。忙しくしてゐたので遅ればせながら、けふ、やつとこの運びになりました。嬉しい限りであります。

当ブログで意見を発信し始めた頃に法の力を以てして記事抹消を強要されたこともありました。しかし、僕はさういふ不当な圧力に屈しませんでした。

生意気な年下から横柄なコメントをされたこともありました。けれども怒りを爆発させることなく冷静に対処しました。

また、ある時から自らの信ずるところにしたがつて旧仮名遣ひで記事を書いてまいりました。この点については一部の読者から読みづらい、といふご指摘もありました。後述するとほり、ご意見ご要望をお受けしますので、どしどし忌憚のないご批判を頂戴したいと考へてをります。

さういふふうに書いてきて嬉しいコメントもたくさん頂きました。思ふに、この点を決して忘れてはなりません。丁寧で温かいコメントに励まされ慰められてきました。生き馬の目を抜く厳しいビジネス・シーンで仕事をしながらケータイで常にチェックしてくれてゐる読者もゐます。

なほ、当ブログの記事はmixiからも閲覧することができるやうに設定してあります。これからも僕が思つたこと、感じたこと、考へたことを包み隠すことなく率直に発表してゆきます。改めまして引き続いてのご愛読のほど宜しくお願ひいたします。

当ブログにご意見ご要望等がありましたら是非この機会に仰つて下さい。改善するべき点のご指摘は大歓迎であります。ただし、匿名でのコメントには対応いたしかねますので悪しからず、ご了承して下さい。


スポンサーサイト

三百回記念予告

最近、ブログの更新の頻度が著しく下がつてゐます。嬉しいことに忙しくなつてきたからであります。けれども、ブログの記事は死ぬまで書き続けますので読者諸賢は、これに懲りず、ご愛読の程、宜しくお願ひいたします。

読者諸賢はご存知でしたでせうか。次回で当ブログの記事が丁度、三百本になります。細々と続けて、これだけの量になりました。これを契機に再度、古い記事を読み返すのも一興だと思ひますが如何でせうか。


新年のお慶び申し上げます

新年、明けましておめでたうございます。旧年中のご愛読を誠に感謝いたします。本年も倍旧のご愛読の程よろしくお願ひいたします。

本日、当ブログの兄弟ブログたる“「論」ブログヨシ樹”の記事を更新させていただきました。「規格外貧乏生活漂流記」(二)がそれであります。

なほ、「規格外貧乏生活漂流記」(一)についての読者からの感想が大晦日にメールで送信されて来ました。送信された当人の許可が取れたので以下に引用させていただきます。

《小説をよませていただきました。どこまでが本当なのか知りませんが厳しいですね。

ただ一つ感じたことは小説は映画と同じで、たとえ厳しい内容の物でも、夢を感じさせるものを少し織り込んでいかないと、と感じましたね。

夢を織り込むことによって作品が光ってくるのではないかと思いました。

つまらないことを言って失礼しました。今年も残り僅かです。よいお年をお迎え下さい。》

ケータイの読者のH瀬さんからの貴重なメールを全文、紹介させていただきました。ただし、引用者が適宜改行いたしました。表記も読みやすいやうに少し配慮いたしました。

至極もつともな意見ですね。かういふ意見を云つて下さるのは嬉しいですね。ちやんと読まなければ的確な意見を述べることは決して、できませんからね。H瀬さんの意見には嘘がないところがいい。それにH瀬さんは僕より年上の方なのにちつとも偉さうなところがありません。清々しいくらゐです。

H瀬さん、素晴らしいコメントをどうもありがたうございました。

読者諸賢に「たくさんの幸せが訪れますように」。僕の友人が年賀状に書いてくれた温かい言葉を読者諸賢にもお贈りして新年の挨拶に代えさせていただきます。

2012年 新春 管理人・ヨシ樹


アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。