学歴

僕の数少ない友人の中にAさんがいます。Aさんとは、いはゆる現場で知り合ひました。彼は中卒です。普通、学歴の劣る者は学歴で勝る者と反目し敵対するといふのが僕の経験が教へるところです。しかし、Aさんは違ひました。偏見を持たずに付き合つてくれたのです。

去年の夏は酷暑でした。僕は生活の必要のため、じりじりと陽が照りつける外で汗に塗れて働きました。キツイ肉体労働でした。その職場でも彼と共に働きました。昼休みの際、涼しい場所を選んで弁当を食べました。遠くで蝉が喧しく鳴いてゐます。側にゐた彼は自分の弁当のおかずをわけてくれようとしました。僕が恐縮して遠慮の言葉を告げても黙つて微笑してゐるだけです。僕はお礼を言つて有り難く頂戴しました。僕の弁当は、ご飯にふりかけがのっているだけの粗末な弁当だつたので気の毒に思つて配慮してくれたのでした。かういふことは一度や二度ではありません。

彼の優しさが心に沁みました。同時に彼のこれまでの苦労に想ひを致しました。真の苦労人は優しくて親切です。なぜなら、自分の辛い経験から相手の辛さを忖度できるからです。Aさんは自動車で毎日の送迎さへ惜しまずしてくれました。僕とAさんは馬が合ひました。全体、彼は打算的ではないし、ずるく立ち回るやうな人物でもないのです。親しい人と接する時は真心を込めて付き合ひ人を見下すやうな輩は徹底的に憎むのです。考へ方が僕とそつくりです。

彼は一度タクシーの運転手を引き摺り下ろしてボコボコにした経験があるさうです。屹度、乱暴な運転に我慢がならなかつたのでせう。屈強なブラジル人との喧嘩も臆することなく買つたさうです。しかし、僕と話す時はキチンと敬語を使ひます。彼は僕より年下なので気を遣つてくれてゐるのでせう。慇懃な態度で接してくれます。けれども、それは決して人に阿るやうな卑しい態度を意味しません。

僕には大卒の友人もいます。しかし、彼らの中でAさんのやうに誠実な人間が一体、何人いることか。僕は、さういふ友人しか持てぬ自分の不徳を恥じなければなりませぬ。人は学歴ではない、といふ単純な事実も経験をとほさなければ解らないことかもしれません。大卒、院卒の人間にもくだらない連中は幾らでもいることに世間は容易に気付けないのであります。


スポンサーサイト

嗚呼FLTRよ!

cvo_09_fltr_silver.jpg

ある本に自動車に欲情してしまひ道を歩けない人のことが書かれてゐました。スクランブル交差点で信号待ちなどしてゐると、もう大変で腰が立たなくなるのださうです。これは作り話ではなく本当の話です。僕もこの人の気持ちが、ほんの少し解るやうな気がします。対象は自動車ではなくオートバイですが。さすがにオートバイを見て変な気持ちになるといふことはありません。けれども、時々、バイクの排気音、とりわけハーレーの不等間隔の三拍子を外で耳にすると、居ても立つてもいられない気分にならぬこともない。

ハーレー・ダビッドソン社製のバイクの中にロードグライド、正式にはFLTRといふバイクがあります(写真参照)。中古でも200万円を軽く超へる超高級バイクです。その外観は、すこぶる美しい。まさに走る藝術品と云ひ得るでせう。フェアリングが独特でフレームに装着されてゐます。このことを専門用語を使つて説明することが許されるなら、フェアリングがフレームにマウントされてゐると云ひます。

フットボードは当たり前に標準装備されてゐますし大容量のハードサドルバッグもオプションではありません。普通、オートバイのサドルバッグはオプション設定で附けるとしたら革製の物が多く時間と共に、やれて恰好が悪くなりがちですがハードサドルバッグは樹脂製ですから、そんな心配は要りません。オンロードならばハーレーのロードグライドが欲しいしオフロードならばBMW社製のR1200GSアドベンチャーを手に入れたい。身体の自由が利く内にツーリングをどんどんしてゆきたい。それくらゐの贅沢は許されてしかるべきではないか、と思ひます。


密輸計画

僕は現在、密輸を計画しようと考へてゐます。どういうことか、以下にその詳細を記しませう。110番するまへに以下の文章に目をとほしていただきたい、と思ひます。

僕の文章には、いはゆる描写がありません。ノンフィクションばかり読み小説をあまり読んで来なかつたので僕の文章は理屈つぽい、といふことに最近になつて漸く気付きました。人物やその行動、風景等々を伝へる描写がすつぽり欠落してゐるのです。

僕はこれまで論文を専ら読んで来ました。とりわけ、法律書を中心に読書して来ました。読者諸賢は、おそらくは判例など一度も目を通した経験などないでせう。まあ、法曹にでもなるのでなければ、ないに越したことはありませんが……。判例は冗長で理屈つぽい文章です。描写などもちろん、ありません。

小説と論文の違いはこの描写の有無にあります。それほどに小説にとつて描写といふ技術は大切なものだと考へます。ところが、残念なことに、これまで学校では描写することを教へてくれませんでした。まあ、皆が小説家になる訳ではないので仕方ないとも云へますが。

これから、僕は文章に努めて描写を取り入れてゆこう、と思つてゐます。あらゆる小説から様々な描写を僕の論文に密輸するのです。ただし、盗作ではありませんよ。さうして瑞々しいポエジーのある論文を目指します。


鉄道といふ愉しみ

カシオペア

某日、用事があつて名古屋まで行つて来ました。列車で往復したのですが沢山の人々を観察する機会に恵まれました。見てゐて飽きないですね。思ふに、人間を観察するほど興味深いことはありません。老若男女を問はず、無遠慮に、あらゆる人間を観察するに際して列車ほど打つてつけの場所はさう多くはありますまい。平素は行動範囲が限られてゐて閑があれば活字ばかりを追いかけてゐることが多いので、とても新鮮でした。たまに都会に出かけるといふのも悪くありません。都会の活気により元気をもらふことができた、とすら思ひました。

座席に座つて窓外の景色を眺めるといふのも久し振りでした。ちつとも飽きませんね。眺めてゐて愉しい。屹度、眺めながらも、取り留めなく物思ひに耽つてゐたはずです。それがまた心地よい。したがつて、時間があり、お金もあるなら列車の旅といふのも悪くないと思ひます。僕は寝台列車といふものに乗つたことがありません。寝台列車での旅といふのに非常に憧れます。正月のテレビで“カシオペア”といふ寝台列車の特集をしてゐました。興味深かつたですね。僕は普段はテレビは見ませんが家族が集まつた時にお相伴するくらゐの常識はあります。

昨年、神奈川県の某駅から愛知県の某駅まで各駅停車に乗りましたが、その時もいい気分でした。これで駅弁でも食べられればいふことなしですね。僕らは鉄道といふ文明の利器を使つて自由に行きたい処へ行ける、ありがたいことではありませんか。某日の名古屋への小旅行の際、ひととき幸せな気分に浸れました。


孤軍奮闘

最強伝説黒沢

以下は主人公黒沢のモノローグです(抜粋者注)。

バカが
ありはしないのだ…!
苦しい時に仲間が駆けつけるみたいな…
んな調子のいいことは…!
そんなのは……
フィクションの中だけの話だ…!
現実にはありはしない…!
かつて……一度でもあったか…?
ピンチに……
援軍が駆けつけた事など…!
ないっ…!
ありゃしねぇ…!
苦しみは一人…
いつだって一人…
一人で乗り切る…!
分かりきった事じゃないか…!


福本伸行作『最強伝説黒沢・第2巻』より抜粋

少年時代

僕が小、中学生の頃、近所に住むHといふ友人の家によく遊びにゆきました。Hは小学生の頃から長淵剛などのコンサートのチケットを持つて名古屋に行くなど早熟な少年でした。しかも、彼は高い教養があり中学校のテストでも常に学年三位を保ち続けてゐました。ちなみに、学年一位の同級生は京都大学に入学を果たし今は新日鉄に勤めてゐます。学年二位は女性で、お茶の水女子大学に現役で合格したことを風の便りで聞いてゐます。

閑話休題。彼の背は僕より低かつたのですが首から上は意志の強さうな精悍な容貌をしてゐました。彼の家に行くと読書コンクールをはじめ多くの賞状が無造作に置いてあるのですね。それを羨望の眼差しで見てゐた自分をよく憶えてゐます。彼は熱心な読書家でもありました。彼の用ひる言葉は難しかつたですね。推理小説をよく読んでゐました。アガサ・クリスティーとかエラリー・クイーンとかですね。そして、部屋で将棋を指すと十戦して十敗です。たまに、わざと負けて僕が感激してゐるのを側で微笑して見てゐました。

かういふ経験により僕の心の内に“知への憧憬”といふものが芽生へました。さうして、教養人を目指さうといふ気持ちが徐々に醸成されました。残念ながら彼とは一緒の高校に行けず、それ以来、交流はなくなつてしまひました。けれども、少年の頃、彼との出逢ひがなければ現在の僕は存在してゐなかつたと思ひます。思ふに、少年時代に悪友ではなく尊敬すべき人物と出逢ふ、といふのは、とても重要ですね。このことは、いはゆる神の摂理だと僕は固く信じてゐますし、それゆゑに感謝もしてゐます。


考へるといふこと

巷間の常識や世の権威を追認してゐるやうな意見を発表してゐるのを読むと、それがどうしたと云ひたくなります。そこには自分の考へといふものがない。

表現するといふのは自己流に考へるといふことです。自分の頭を使ひ新しいものを創造するといふことです。他者流に考へるなどといふことはできないのです。吾人の考へといふものは身に付けるのに時日を要するし、そこから脱却するのにも時日を要します。

如何に立派な考へでも借り物の考へであれば物の役には立ちません。せいぜい閑談の時に薀蓄を傾けるのに役立つくらゐなものです。借り物の考へを得々と語つても普段から自分の頭の中で思ひを巡らして思索してゐる者から見れば子供の遊びに等しい。易々と論破できます。それを敢へてしないのは馬鹿馬鹿しいからです。

詰まらない意見を論駁したところで、それはマイナスをゼロに戻すやうなもので疲れるだけです。おまけに論破された当人の恨みを買ひ厄介です。

百花繚乱の浅薄な意見をまへに僕は苛立ちを感じますが敢へて黙つてゐるのです。


音楽と年齢

フランス・ブリュッヘン

近頃、フランス・ブリュッヘンの“リコーダー・ソナタ&協奏曲集”をブックオフで250円で見付けて聴いてゐます。哀調を帯びた曲が集められたクラッシック・アルバムです。たつぷり一時間以上、収録されてゐて250円ですので驚いてしまひますが貧乏な僕にとつては有り難い話です。デフレといふのも考えやうによつてはいい側面もある、と云つたら云ひ過ぎになるでせうか。

僕の記憶に間違ひがなければ、このアルバムは幼い頃、親父が好んで聴いてゐたアルバムです。静謐で心地よいBGMで気に入つてゐます。僕の部屋にあるCDラックにはジャズやフュージョンは結構、あるのですがクラッシックのCDは前出のアルバム一枚しかありません。何だか最近、クラッシックが無性に聴きたくて堪りません。これは僕の年齢と関係があるでせうね。

音楽的嗜好がクラッシックに傾いてゐるといふのは要するに僕が年を取つた、といふことです。子供の頃はクラッシックを聴いてゐると気が滅入つて来て、なぜ親父はこんな曲を好んで聴いてゐるのか解りませんでしたが今は理解できるやうな気がします。思へば、僕が歌のないインストゥルメンタルであるジャズやフュージョンに関心を持ち続けてゐるのは親父の影響に与つてゐるやうです。

今やブックオフに行けばクラッシック・アルバムは二束三文で売られてゐます。人気がないのでせうかねえ。明日の時間がある時に足を運んでギターかリュートのクラッシック・アルバムがあれば購入したい、と思ひます。ギターやリュートの音は心地よく耳朶(じだ)に触れて来て僕の嗜好にあつてゐます。いい年をした大人が流行歌手の歌に感心してゐつやうでは情けないと云はざるを得ない。僕はあんまり、さういふ大人を見過ぎてゐます。それでは年を取つた甲斐がないではありませんか。何のために年を取つたのですか。思ふに、年相応にきちんとした識見を持つて音楽に耳を傾けたいものです。


“「論」ブログヨシ樹”記事50本達成!

先程、当ブログの兄弟ブログたる“「論」ブログヨシ樹”に最新の記事を載せました。題して「作家藤沢周平の魅力」です。この記事で記事50本目です。ここまで継続して書いて来られたのは読者諸賢の応援のお蔭です。誠に有り難うございます。この次は100本を目指します。これからも応援、宜しくお願い申し上げます。今日は“「論」ブログヨシ樹”の記事をアップしましたので些か疲れました。広告はこのくらいにして、もう寝ます。改めまして、ご愛読を感謝します。

管理人 ヨシ樹


藤沢周平との邂逅

藤沢周平

読者諸賢はすでに、お気付きかもしれませんが僕は、これまでビジネス書から宗教書に至るまで、いはゆるノンフィクションを読んで来ました。“「論」ブログヨシ樹”のカテゴリーのうちの一つである<書評>で取り上げてゐる八作品は全てノンフィクションです。

上に述べたとほり僕は好んでノンフィクションを読んで来ました。ただし、最近になつて初めて小説といふものの真価が解るようになりました。漸く小説を快く味わふことができるやうになつたのです。さうです、藤沢周平の『たそがれ清兵衛』(新潮文庫)にやられました。山田洋次監督が映画化してゐるので以前から作品名は知つてゐました。

ある日、古本屋で何気なく手に取つて同書を買つてみました。普段は小説などを求めることはしないのですが、その時は、ふと購入してみようかな、といふ気持ちになつたのです。爾来、藤沢作品の世界にのめりこんでゐる次第です。

前掲書以外にも『玄鳥』、『蝉しぐれ』、『冤罪』をすでに読み了へてゐます。僕は最近の流行作家の作品にはピンときません。村上春樹の作品は、かなり読みましたが残念ながら僕の心の琴線に触れて来ることはありませんでした。海堂尊の作品も然り。海堂の『チーム・バチスタの栄光』(宝島社文庫)は上下巻ありますが上巻を半分ほど読んで本を閉じました。

藤沢周平の作品(特に短編)はなぜ、こんなにも僕の心を打つのだらう。色々に考へられますが記事を改めて又書きたいと思ひます。藤沢のお蔭で小説といふのもなかなかにいいものだ、と見直しました。


J.S.Bach

バッハ ベース

最近、時間がある時(要するに閑なとき)にヨハン・セバスチャン・バッハ(いはゆる大バッハ)の“プレリュード”を6弦ベースで練習してゐます。平均律クラヴィーア曲集第1巻第1番ハ長調の曲です。曲全体の四分の三までコピーしました。おそらく完璧に弾けるやうになるまで、優に一年はかかるでせう。技術の要る難しい曲ですが弾いてゐて愉しめる曲です。

巧く弾くためには何回も練習を積まなければなりませんが僕はそれが苦にはなりません。むしろ、6弦ベースでクラシックといふ新たな分野を開拓できることが、すこぶる嬉しいのです。レパートリーも増えますしね。前掲の曲は知る人ぞ識るクラシックの名曲ですから、さすがに耳コピーといふ訳にはゆきません。通常のベース・プレイではあまり耳にしない音の組み合はせやインターヴァル、ベースでは思ひつきもしないコード進行といふ工合なので耳コピーは相当、難しいと思ひますね。

さういふ次第なので、ネタ本はあります。すなはち、『J.S.BACH FOR BASS』といふ楽譜です。アマゾンで注文してアメリカから取り寄せました。さうはいふものの音楽に国境はありませんから英語は解らなくてもいいのです。CD付きの楽譜で、たまにCDで音を確認しながら練習してゐます。

ただし、同書は4弦ベース用に執筆された楽譜ですので6弦ベースで弾くのはなかなかに難儀です。弦が二本、余分に張つてあるので4弦ベースよりも演奏する際に困難が伴ひます。慣れてきたら自分なりの方法を考へて6弦ベースの広いサウンド・レンジを活かした弾き方にアレンジしてゆきたい、と思ひます。偉大な「音楽の父」の曲を6弦ベースで弾くことができるのは嬉しい限りです。思ふにベースといふ楽器は懐が深いですね。否、バッハの曲が懐が深いのだと思ひます。何といつてもバッハのバロック音楽は長い風雪に堪へて来た古典的名曲なのですから。


教へて下さい

蝉しぐれ

記事更新の間隔がだいぶ空いてしまひ誠に申し訳ありません。けれども、さうさう良い考へが規則正しく思ひ浮かぶわけもなく、さういふ時は釣り人と同じで浮きが動くまで、ひたすら待つほかありません。では、着想が浮かべば書けるか、といふと、さうではなく大仰に聞こえるかもしれませんが一番肝腎なのは書く覚悟ができるか否かです。まあ、言い訳はここまでにしませう。

ところで、読者諸賢よ、読者の中でどなたかヤフー・オークションに詳しい方はをられるでせうか。オークションの売買の手続きが解る方がいらつしやれば手解きを受けたいのですが。僕はオークションの手続きには不案内ですがオークションで売買したい、と強く思つてゐます。分かりやすく教へて下さる方がをられるならコメントをいただきたいと思ひます。思ふに、WEB上での売買はとても便利ですね。僕は“アマゾン”で味を占めました。

先日も藤沢周平の傑作たる『蝉しぐれ』(文春文庫)を送料込みの251円で購入しました。送られて来た同書はブックオフの店頭に350円で並べられてゐた同書よりもはるかに綺麗な美品でした。ちなみに、本書はすでに読了してゐます。

現在、僕はブックオフと“アマゾン”で安く買ひ物を愉しんでゐますが“ヤフー・オークション”も絡めたい、と思つてゐます。貧乏人の僕にご指南して下さる方がいらつしやれば有り難く幸甚です。


アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR