GW期間中の更新中止のお知らせ

五月一日から五月五日まで誠に勝手ながら本ブログ

の記事更新をお休みいたします。

当サイト管理人がバイク・ツーリングへ行くために

物理的に更新ができなくなるためです。

悪しからずご諒解ください。なお、この休みを使って

《「論」ブログヨシ樹》の一気読みに挑戦してみては如何でしょうか。

読み応えある、と思います。なお、今回のバイク・ツーリングの

模様は《「論」ブログヨシ樹》で詳しく記すつもりです。乞うご期待。


スポンサーサイト

正義が力だ

《力が正義ではない、正義が力だ。》とはかつてテレビで放映されていた

プロレス・アニメ〈タイガーマスク〉の主人公の台詞です。

遠い少年の日の頃に覚えた言葉ですが、まだ忘れていません。

力が正義だ、と言わんばかりのこの世の中の悪しき常識に対する

強力なアンチテーゼとして僕の好きな言葉のうちの一つです。


可哀相だ

本日午後、すぐ近くのビルで飛び降り自殺がありました。

大きな音がして何だろう、と思いましたが事故ではなく投身自殺でした。

僕の周りの人は好奇心ばかり露で憐憫の情はない、と感じられました。

「人の不幸は蜜の味」といいますが、それにしても皆、冷たい。妙な連帯感まである始末。

あんなに高いところから身を投げた人の絶望に思いを致す人が

ごく僅か、というより皆無なのには心が塞ぎました。あんまり可哀相です。

現場に駆けつけた救急車はサイレンを鳴らさずに現場を離れて行きました。


よりよく生きるために

僕は煙草や酒を呑みません。コーヒーすらたまに飲む程度です。

ギャンブルも一切しません。宝くじ一枚、買ったことがありません。

これらは時間がかかるうえ、お金もかかります。

ハッキリ述べましょう。人生をよりよく生きるためには以上は不要です。

もし、上記を嗜んでいるなら、即刻止めることをお勧めします。


お金

たかが金、されど金。

ことさらに尊重してはならず、

ことさらに侮蔑してもならない、

生涯を共にしなければならない厄介な伴侶。


秩序

直線が存在するので曲線の存在がわかるのです。

曲線ばかり存在していたら、それ以外の線の存在は理解できません。

同様に正義が存在するので悪の存在がわかるのです。

世の中、悪ばかりでそれが当たり前であれば人は憤らないはずです。


感じ悪~い!

愛想の悪い店員がいるコンビニ、

明らかに客の方が年上なのにタメ語を使う美容師のいる理髪店。

なぜ、サービス業のはずなのにぞんざいな接客態度なのでしょうか。

忙しいなか、それなりの時間をかけて安くないお金を支払い、

そのうえ、苦々しい気持にさせられる店には二度と行きたくないです。


世の不条理

ひとりの人はふたりになりたいのです。

ふたりの人はひとりになりたいのです。


アンチエイジング

齢を重ねると頭が固くなる、といいますがホントにそうですね。

僕の経験則に照らして考えてみても、やはり頑固になっているのは認めざるを得ません。

年をとっても他人の意見に耳を傾ける謙虚さは失いたくないものです。


オートバイ

《静まり返った森に消えていく排気音。

右に左にバイクもろとも傾きながら、コーナーをゆっくりクリアしていく。

芽吹く木々の匂いは風となり、ライダーの体を洗う。

車や電車では絶対に味わうことのできない世界がそこにはある。》


雑誌「初めてのハーレーダビッドソン2008」12頁より抜粋

フェスティナ・レンテ

批評家小林秀雄曰く「わかるという事と苦労するという事は同義です」。

早くわかりたがる現代人に警鐘を鳴らす鋭い言葉だと思います。

ちなみに本記事のタイトルである「フスティナ・レンテ」とはラテン語

で、意味は「ゆっくり、急げ」です。


廃用性萎縮

ある程度の期間、四肢の筋肉などを使わないでいると、該当肢の

筋肉が衰えていくことを医学用語で「廃用性萎縮」というそうです。

同じように、精神も使わなければ発達せず、萎縮するだろうに違い

ありません。

あるハウツー本には成長するために一日一回以上、自分の厭な

ことをせよ、と記されていましたが精神のトレーニングとしてあな

がち故なきことではない、と考えます。


真の「愛」がないからこそ

腹が充たされていれば「腹が減った」とは言いません。

愛し愛されていれば、ことさらに愛、愛などと言わないはずです。

それにもかかわらず、様々なメディアで「愛」が叫ばれています。

ほとんど、絶叫に近い様相を呈している、といっても過言ではありません。

読者であるあなたはこの事をどう考えますか。


シュトゥルムウントドラング

青春は燦々と柔らかな陽光が降り注いでいる明るいユートピア的な時代ではありません。

ドイツ語で云う「シュトゥルムウントドラング」の時代です。そうです、疾風怒濤の時代なのです。

かく申す僕の青春は振り返れば、荒れ狂う嵐に翻弄される木っ端のような凄絶な青春でした。

改めて述べます。青春はユーミンの歌うような甘美な面はほんの僅かで厳しく辛い面の方が多い、と知るべきです。

青年はあらかじめ青春の厳しさに対して覚悟しなければなりません。


親友の資格

《「メリットがあるかないか」で一緒にいる人を決めてはなりません。

メリットがあるからこの人は親友、と考えている時点でもう、

あなたは、その人の「親友」である資格を失うのです。》


叶恭子著『叶恭子の知のジュエリー12ヶ月』121頁よりほぼ全文引用

親の訃報

本日午後、知り合いのH瀬さんのお父様が亡くなられました。

その報を耳にしたH瀬さんの顔は蒼白でこわばっていました。

けれども、H瀬さんは涙を見せることなく気丈でした。

人は生まれてくる日も死ぬる日も自分で選ぶことはできない。

僕の親もすでに高齢です。何時の日にか訃報を聞かねばならぬ。

聞きたくない訃報を聞いた時、動転しないでも済む覚悟を今から固めなければなりません。

僕はすでにそんな齢になっているのです。本日の訃報により改めて認識させられました。

H瀬さんのお父様のご逝去に衷心より哀悼の意を表します。


文章ダイエット

男女を問わず痩せている人は格好いいですね。

僕は文章も同じだと考えています。

文章を書く時に、僕は極力、贅肉を落とすように努めているつもりです。

そのためには古典を読むことも大切だと思いますね。

文語訳で『聖書』を読むことは僕の朝の日課です。

思うに引き締まったスリムな文章は

美しく整ったプロポーションを持つ女性のように魅力的です。


見守ることの大切さ

現在、パソコンのイロハであるタイピングを練習しています。

目指すはブラインド・タッチですが思うようにできず非常に疲れます。

かような場合にインストラクターにいちいち口を挟まれたとしたら

間違いなくモチベーションは下がるでしょうね。

タイピングの練習をとおして塾の生徒も初めて習う単元を必死に

勉強しているのだ、と気付かされました。

僕にはなかなかできないことですが講師たる者、黙って見守ることも

大切なのだ、と痛感しました。


祖父の厳命

小学生の頃、テレビゲームにハマっていました。僕はテレビゲームの黎明期に数々のゲームに熱中しました。

「インベーダー」、「ブロック崩し」、「クレイジークライマー」、「パックマン」等々。

ちなみに僕は小学校を卒業すると同時にテレビゲームからも卒業しました。

子供であれば、ゲーム、大人ならギャンブルということになるのでしょうね。

ギャンブルはお金が絡むので面白さはテレビゲームの比ではないくらいのことは僕でもたやすく想像することができます。

だからこそ今まで関わらないようにしてきました。宝くじ一枚、買ったことがありません。

思うにお金は汗水垂らしてコツコツ稼ぐ以外に道はない、と腹を括るべきです。

ギャンブルするな!!亡き祖父の厳命でした。


発酵と腐敗

木村秋則さんの著した『リンゴが教えてくれたこと』を読了しました。

面白かったのは発酵と腐敗は異なるのだ、ということ。

当たり前の常識と言えるのでしょうが僕はそんなことさえ知らなかったので

とても新鮮に感じられました。思うに人間も同様ではないでしょうか。

齢を重ねて発酵するか、腐敗するか。

あなたはどちらになりたいですか。


もっと笑顔を!

ある宣教師が語ったところによれば、発展途上国から日本に来ると日本人の表情が非常に硬い、という印象を強く持つそうです。

電車やバスなどの公共交通機関などの乗客が一様に憮然としている表情を見るにつけ怒っているように感じられ少なからず驚くらしいのです。

幸せの尺度は経済的に恵まれているか否か、といった単純な二元論ではありません。

ひとえにその人の内面の充実にかかっているのです。小金は持っているけれど渋面というのではあまりにお寒い。

笑顔があふれる日本であってほしい、と思うのはひとり僕のみではないはずです。

読者諸賢よ、内面を充実させて笑顔を絶やさない日本人のひとりになりましょう。日本の改革とはそんな小さな一歩から始まるのかもしれません。

〈カツマー〉に贈る言葉の処方箋

《成功と幸福とを、不成功と不幸とを同一視するようになって以来、

人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった。

自分の不幸を不成功として考える人間こそ、まことに

憐れむべきである。》


三木清著『人生論ノート』P74頁より抜粋

数字表記について

ブログを読んでいると、時々妙な数字表記を見つけることがあります。

1人とか2人。あるいは1番とか2番。さらに言えば

100円ショップとかが平気で書かれています。

思うにこれらは算用数字ではなく、漢数字で書くべきではないか。

一人とか二人。あるいは一番とか二番。そして

百円ショップと記すべきだと僕は考えます。

漢数字を使うと違和感が消えると思うのはひとり僕のみなのでしょうか。

以上に述べた数字表記は実は高名な作家の本にも散見されます。


書く者の覚悟

僕は立派な言葉の引用よりも

下手糞であっても自分自身の言葉による表現の方に

おおく価値をおきたい、と思います。

なぜなら、ゼロから言葉を紡ぎ出す作業は辛く

書く度毎に相応の覚悟を迫られるからです。


文は人なり

あなたの文章が駄目なのは嘘を書いているからです。

心にもないことを述べているからです。

正直にありのままを書くべきだ。

僕たちはモラリストになるために嘘を忌避するのではありません。

人生という大河をよく渡っていくために誠実であろうと努めるのです。

嘘を書いている限り人の心を打つ文章は絶対に書けません。


愛しかない

《それが真理であるかどうか、調べる方法がある。

すなわち、どの時代にあっても、どんな場所においても、

子供にも老人にも、病人にも、正しく適用するかということである。

現在のところ、このすべてにおいて一点も欠くことなく合格し、

真理とされているところのものは、愛しかない。》


白取春彦著『頭がよくなる思考術』73頁より全文引用

辛いのは皆、同じ

大変な思いをしているのは、君だけじゃない。

生きている人は誰であれ、歯を食いしばって生きているんだ。

でも、独りで耐えているのも正直、辛いよね。

だから、愚痴を言っても構わないよ。イライラしても大丈夫。

だけど、憂さ晴らしに他人にあたるのは止した方がいい。

その他人も大変な思いをして生きているひとりなのだから。

誰も言わないなら僕が言ってあげるよ。「よく頑張った」


人間の叡智など高が知れている

1/3+1/3+1/3はいくつでしょうか。

言うまでもなく3/3。約分して1です。では、1/3を小数になおして上記の計算をするとどうなるか。

0.333…+0.333…+0.333…=0.999…になります。

当たり前ですが1≠0.999…ですね。

以上は人間の叡智の結晶たる学問であっても必ずしもパーフェクトではないことの証明です。

知識を持っているから、あるいは頭がいいから、といって得意になっている人は知るべきことすら知っていない。

ホントは勉強をすればするほど謙虚になるはずなのです。

賢人ソクラテスの到達した「無知の知」が人間の叡智の最高峰なのはなんとも皮肉だと思います。


僕の新しいブログへようこそ!

本日から僕の新しいブログ“ヨシ樹の雑記帳”を綴り始めます。

皆さん、初めまして。当サイトの管理人、ヨシ樹です。

日々の思いを簡潔にかつ正直に記していきたい、と考えています。

毎日、更新していきますよ。コメントも大歓迎です。どうぞよろしく!

一昨日、僕の住まいから近い川べりの桜が花を咲かせておりました。まだ満開ではなかったですが…。

今日、明日は「花見」が多いかな。「花見」は日本の風情ある伝統行事ですね。

花を愛でる、ということにあえて異を唱える人はいないはず。

思うに花鳥風月を愛でることのできる人こそ真に人間をも愛せるのではないでしょうか。


アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR