スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋名物

昨年の夏、一番下の弟が新幹線を使つて単身、里帰りをしました。病気の父を見舞ふためであります。その際、途中の名古屋にも立ち寄つて、しばし交わりのひとときを持ちました。昨夏、さつそく本ブログに記事として載せやうと考へましたが結論を申しますと結局、脱稿できませんでした。したがつて、以下に記した記事は中途半端だ、といふそしりを受けるかもしれません。

中途半端な記事であつても更新したほうが読者諸賢は喜んでくれるのではないか、といふ期待をして批判を覚悟でアップすることにいたしました。名古屋二周年の後編はまた別に機会を設けて記すことといたしました。何卒ご了承をお願ひいたします。なほ、今回に限り本文は「です・ます」調ではなく「である」調で記しました。久し振りの更新だつたので「です・ます」調で書くべきことを失念してゐたのであります。どうかご容赦ください。それでは前置きはこのくらゐにして、さつそく記載してゆきませう。

(昨夏の)先週の土曜日に一番下の弟が兵庫県から名古屋へ遊びに来てくれた。名古屋駅で待ち合はせをした。午後二時頃に新幹線の改札口を出た弟を見つけた。昼時をたうに過ぎてゐたので腹を空かしてゐるであらう弟と共に名古屋駅の地下街にある“矢場とん”といふ店に行つた。“矢場とん”は、いはゆる名古屋名物(通称名古屋めし)のひとつである「味噌かつ」の専門店である。名古屋では「味噌かつ」専門店として有名なお店である。

弟は、この日の昼食に名古屋ならではの食べ物を口にしたい、と希望してゐた。けれども、さう云はれてピンとくる店が思ひ浮かばず弱つた。実はわたしは名古屋に来てから外で食べる機会は、ほとんどなかつたのである。それゆゑ、名古屋で生活をしてゐながら名古屋めしについて詳しいわけではなかつた。さういふ次第で、わたしとしては名古屋名物の定番である「味噌かつ」を出す“矢場とん”くらゐしか思ひ浮かばなかつたのである。

話を戻さう。昼時を過ぎてはゐたが週末といふことで、やはり店は混んでゐた。店に入るまで、それなりの時間、待たなくてはならなかつた。それだけ人気があるお店なのである。入店が叶い席に座ると弟は味噌丼定食、わたしはロース定食をそれぞれ注文した。座つて待つてゐると、ほどなくして注文した料理が運ばれてきた。

ロース定食は、ご飯のお替りが無料でできるので一回お替りをした。さうこうしてゐると弟が先に食べをはり、少し遅れてわたしも定食をたいらげた。お会計を済ませて店を出て地下鉄の鶴舞線の乗り場に向かつた。“矢場とん”がある場所は名古屋駅地下なのだが同じ名古屋駅の地下なのに地下鉄鶴舞線の乗り場までかなり歩かなければならなかつた。さう、名古屋駅は広いのである。なぜ鶴舞線の乗り場に足を向けたのか、といふと“コメ兵”に行くためである。“コメ兵”は主にブランド物の中古品を扱う店で名古屋界隈では知らない人はいないくらゐの有名で大きなお店なのである。“コメ兵”の最寄り駅が鶴舞線の大須観音駅なのであつた。

弟は“コメ兵”で、いはゆるウィンドウ・ショッピングを愉しみたいと前もつて、わたしに伝へてきた。貧乏なわたしにとつて、この申し出に否やがあるはずはなくウィンドウ・ショッピングに付き合ふこととなつた。様々な腕時計、アメカジの古着、楽器などを一緒に見て回つた。この辺りは随分、昔に彼と共に来たことがあつた。弟が、まだ独身の時である。

弟が独身の時以来久し振りに大須の商店街を歩いてみたが、この街は変はらないな、といふ感慨しか湧かなかつた。それはあながち悪い感慨ではない。思ふに、どことなく懐かしさを感じさせる昔ながらの街並みをふたり共に気に入つてゐるからこそ再びこの街を訪れたのである。

“コメ兵”をひととほり見て回はり名古屋駅に戻らなければいけない時刻になつたので再び、わたしたちは大須観音駅を目指して歩を進めた。今回の目的はウィンドウ・ショッピングなので、ふたり共お金は一切使つてゐない。

をはり

スポンサーサイト

祝引越一周年

昨年の二月末に住み慣れた故郷を離れて名古屋市に引つ越しました。わたしは現在、名古屋に居を構へて二度目の春を満喫してゐます。わたしの居は相変はらず賃貸マンションです。けれども故郷でも賃貸マンションに住んでゐたからこそ身軽に名古屋に行けたといふことが云へます。もし、住宅ローンなどを支払つてゐたら転居することはできなかつたはずです。

さて、名古屋のわたしの住まいですが駅前にありますので相当に便利です。いはゆる地の利があるのです。まづ、交通の便が非常によいことが挙げられます。駅前にあるので地下鉄にすぐに乗ることができます。ただ、さうはいひつつもわたしは現在、地下鉄はあまり利用してゐません。移動するときは専らバイクを利用してゐます。職場にも毎日バイクに乗つて通つてゐます。

地の利はほかにもあります。郵便局やコンビニエンスストアが近所にあります。住まいの周辺には飲食店も多くあります。スーパーマーケットやドラッグストアもあり、買ひ物にも便利であります。いはゆる買ひ物難民とは対極の位置にゐるのです。とても感謝なことだと思ひます。のみならずブックオフや病院、それに美容院すらあります。

かういふふうに書くといいことばかりあるかに思へるかもしれません。たしかに多くのプラス面がありますが、いい面ばかりでもありません。マイナス面もやはりあります。

マイナスな面を一言で要約すると「うるさい」といふ言葉になります。道を挟んでマンションの真向ひに病院があるのですが、その病院に昼夜を問はず救急車が到着するのです。さう、真向ひの病院は救急指定病院なのであります。救急車の大音量のサイレンが時間を構はずけたたましく鳴り響くのですからたまりません。あれは入院患者さんにとつても至極迷惑なはずですが。

救急車だけならまだ我慢できるのですが腹立たしいのは深夜未明にバイクが物凄ひ音をたてて道を通ることです。いはゆる暴走族のお兄ちやんがゐるのであります。改造マフラーで夜な夜なマンションが面してゐる幹線道路を疾駆するのです。これにはいまだに閉口してゐます。我がマンションは、その幹線道路に面してゐるからです。

さすがに一年近く住んでゐますと正負共々色々なことが判つてきます。けれども、まだ知らないことは多くあり、新鮮な気持ちで毎日を過ごしてゐます。たしかに騒音は厄介な問題点ですが思い切つて名古屋に居を移して正解だつたと思ひます。なぜ正解と云へるのか、読者諸賢は疑問に思はれるかもしれません。それは名古屋には多くの魅力があるからです。当ブログでは、しばらくは名古屋の様々な魅力についてご紹介したい、と考へてゐます。乞ふご期待!


真夏の快楽

今回は仰々しいタイトルを付けましたが何のことはない水風呂の話です。僕が水風呂に入り出して、すでに二箇月が経とうとしています。逆算すると、あんたそんな時から水風呂に入つているの、さだめし冷たかつたことでせう、と心優しい読者なら思ふかも知れません。

けれども、読者諸賢のなかには顔をしかめて、また水風呂の話かと思ふ方もをられるかも知れませんね。顔をしかめた読者のなかにはマンネリだなと考へる読者もをられることでせう。水風呂については飽くことなく毎年、話題にしてゐますから…。

しかし夏の食卓に西瓜が出てきたり、夜、川面(かはも)の上空で色とりどりの花火が爆(は)ぜる大会があつたりするやうなもので水風呂に入るのは僕にとつて夏の風物詩なのであります。読んでゐる皆さんもああ、水風呂の記事かあ、もうそんな季節になつたのだなあ、と思つて、ご寛恕、願へれば幸ひです。

汗をかいて外から自宅(と云つても賃貸マンションの一室ですが…)に帰るとすぐに着てゐるものを脱ぎ捨てて、あらかじめ水の張つてある浴槽に身体を埋めます。その爽快感は一口には表現できないほどです。一度、体験してみるといいと思ふ。体験に優るものはありませんからね。

そんなことを僕の親しくしてゐる女性の友人に何かの折に話してみたら言下に水風呂は嫌ひ、と云はれてしまひました。彼女は水のシャワーを浴びるのならいいけれど、と急いで付け加へる配慮を忘れませんでしたが…。

僕は一度、体験してみてから事の当否を判断すればいいと思ふ。水のなかに身体を沈めて、どうしても不快で仕方がないといふのなら止めればいいのです。

要するに水風呂を勧められて二の足を踏む人は食はず嫌ひなのですね。騙されたと思つてやつてみたらいいぢやないですか。水風呂の準備など、そんなに面倒なことはないですし失ふものは何もないのですから。

とは云へ何事も強制していいことはありません。僕の言葉を信じるか否かはあくまで読者の自由に任されてゐるのは改めて云ふまでもないことです。


社会人と古語辞典

僕が旧仮名遣ひで当ブログに記事を載せるやうになつてから少なくない時日が過ぎてゆきました。旧仮名遣ひを用ゐた文章は慣れれば読むのはさう難しくはありません。或る本によれば四、五歳の子供でもすらすら読めるのださうです。

けれども旧仮名遣ひを用ゐて文章を書くのは難しくはありませんが少しコツが要ります。特に古語には常に注意を払はざるを得ません。そこで僕は少しでも使ひ方が怪しさうに思ふ古語は古語辞典の頁を繰つて必ず確認します。

僕が使つてゐる古語辞典は旺文社の『古語辞典新版』です。たぶん僕が高校生の時に学校の先生に勧められて購入した古語辞典でせう。

大学に入学してからは全く使つてゐませんでした。思ふに使ふ必要がなかつたのですね。まさか大学を卒業して社会人になつてから再び使ふことになるとは思ひもよりませんでした。

旧仮名遣ひや古語を用ゐて現代のトピックス(話題)について記事をしたためるといふのは結構、面白ひ作業ですが旧仮名遣ひや古語の用法については常にその正誤を意識的に確認する必要があります。

かういふふうに書くと読者諸賢は以上を面倒で煩はしい作業だと思はれるかもしれませんが、さうではありません。

たしかに旧仮名遣ひや古語を用ゐて文章を記す作業はお気楽な作業ではありません。けれども骨折り甲斐のある作業なので疲れますが、その疲れは爽やかなのであります。決して面倒な作業でも煩はしい作業でもありません。

歴史のなかで長い時間をかけて洗練されてきた、それらは実に理に適つてゐて美しい。書き手である僕は、その日本語の美しさのほんの僅かでもを読者に味はつてもらへるやうに毎回の記事を書いてゐるつもりであります。

僕らが日頃使つてゐる新仮名遣ひは、ほんの六十年前の戦後のどさくさに乗じて制定された、いはくつきの仮名遣ひなのです。それまで日本人が使つてきたのは旧仮名遣ひです。なほ旧仮名遣ひは歴史的仮名遣ひとも云ふし正仮名遣ひとも云ひます。ちなみに新仮名遣ひは現代仮名遣ひとも云ひます。

本記事も古語辞典で確認しつつ記した記事です。古語辞典を学生ばかりが使つてゐるとしたら誠に遺憾であります。社会人も使つていいのです。否、使ふべきなのです。読者のあなたも古語辞典を傍らに置きながら旧仮名遣ひで文章を書いてみませんか。試しに、この記事について旧仮名遣ひでご感想を頂けるなら筆者として望外の喜びであります。


バッハを弾く

幼い頃から父の影響でクラッシック音楽に親しんで来ました。ところが、どうも僕の性分には合ひません。しかし、ヨハン・セバスチャン・バッハ(以下J・S・バッハと表記いたします)は例外です。僕も好きな曲が結構あります。今年の年末に県外の教会でJ・S・バッハの“プレリュード 平均律クラヴィーア曲集 第一巻 第一番 ハ長調”をアレンジした曲を6弦ベースで演奏したい、と思つてゐます。

この構想は三年くらゐ前から温めてゐました。機会があればプレイしたい、と考へてゐたので同曲を少しづつではありますが練習して来ました。ジョンパティトゥッチや櫻井哲夫などといつた超技巧派のベーシストたちがJ・S・バッハの曲を弾いてゐるのを或る時はCDで聴いて、また或る時はYou Tubeで観て格好いいなあと感動したのがエレクトリック・ベースでバッハを弾いてみたいと考へた契機(きつかけ)です。

今回、ベースに合はせてピアノを弾くことを快く了承してくださつた友人の協力を仰いで年末に教会で演奏する予定です。とは云へまだまだ全部弾けるわけではないしプレイで改善する箇所は山のやうにあります。クラッシック音楽の曲をベースで弾く場合、特に気を付けなければならないのが左手の運指(読んで字の如し。指の運び方のことをかう云ひます)です。

これが正確にできないことには人に聴かせるレヴェルの演奏にはなり得ません。したがつて、どんなに忙しくても毎日、最低、一回はベースに触れるやうにすることを習慣にして当日は演奏が、あまりにも華麗で流暢過ぎて聴衆の眠気を誘うやうなクオリティーのプレイをすることを目指します(笑)。


アクセス数
プロフィール

ヨシ樹

Author:ヨシ樹
昭和に生まれ、平成を生きる日本男児。
東京の大学を卒業して故郷の愛知県に戻る。
肉体労働や家庭教師、塾講師を経て現在に至る。
現在、未曾有の大不況下で苦しい転職活動を余儀なくされている。
経済状況は極度の貧乏。某市内の賃貸マンションを棲家としている。
いわゆる「勝ち組」「負け組」という二元論的なステレオタイプが大嫌い。
趣味はブログ執筆、読書、六弦ベース、オートバイ等々。ちなみに大型自動二輪免許保有。かつてハーレーを所有。
夢はオートバイでの海外ツーリング。具体的にはユーラシア大陸をBMWで走破することなどを考えている。
日本経済の酷いデフレを憂いつつも某市のリサイクル・ショップや古本屋によく出没する。
実は牧師の息子であり、幼い頃から聖書と教会に親しむ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
現在の閲覧者数
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。